カテゴリ:韓国の本( 7 )

料理本☆ソウルごはん

ソウルごはん   ソウルごはん
     金椒玲
在日3世である作者がソウルにある宮廷料理の学校に留学した時のエッセイを韓国料理を紹介しながら綴った本です。軽く読める内容でした。知っている料理でもレシピが違うのでメモしたり、見ているだけでも楽しめる本でした。方言なのか「サタン」と「ソルタン」の違いやら楽しいエピソードがいくつもありました。
作ってみたいレシピがたくさん載ってました。(またまた、付箋の山です。)
大好きな「ヤクパブ」のレシピも違っていたので、再挑戦してみるか!とも思いました。
[PR]
by kayok32 | 2007-03-20 18:33 | 韓国の本

絵本☆ソリちゃんのチュソク

ソリちゃんのチュソクソリちゃんのチュソク
絵と文・ イ オクベ   訳・みせ けい
韓国での大きな行事「チュソク(秋夕)」。チュソクには収穫を喜んで、先祖に感謝して、町中でお祭りが始まります。そんな田舎に帰って過ごすチュソクをソリちゃんの目を通して描いています。

日本語訳されている韓国の本として始めて知った作品でした。異国の地の話なのですが、どこか懐かしいような気がする作品です。絵のタッチが柔らかでやさしくて好きです。本に出てくるタンサンナムの夕日の絵が最後に行ったカンウォンドウの田舎に似ていて、なおさら私にはせつない思いが込み上げてくる作品でした。
[PR]
by kayok32 | 2007-03-20 18:32 | 韓国の本

絵本☆おばけのトッカビと朝鮮人参

おばけのトッカビと朝鮮人参
おばけのトッカビと朝鮮人参
作・水谷章三  絵・村上豊

父親の病気をなおす為に朝鮮人参を採りに山に登る少年を、自分の縄張りには登らせないと意地悪をするトッカビ。最後には少年の気持ちを知って、少年の父親のために自ら朝鮮人参を採りに行くトッカビの話。

韓国のお話によく出てくるトッカビ(トッケビ?)。妖怪のような、お化けのような・・・いわゆる日本のトトロ(私のイメージではもっと怖い形相な気がする)やカッパの仲間かしら??。でも、このお話は、おもしろいことに作者も挿絵も日本人が書いている、日本の本なのです。
悪戯好きそうなトッカビの姿が、可愛らしくて、思わず微笑んでしまう。そんなすてきな本です。
[PR]
by kayok32 | 2007-03-20 16:33 | 韓国の本

絵本☆ふわふわくもパン

ふわふわくもパン
ふわふわくもパン
文と絵・ペク ヒナ 写真・キム ヒャンス  共訳 星 あキラ キム ヨンジュン

ある日猫の兄弟が庭で小さな雲を見つけました。その雲でパンを焼いてくれました。寝坊したお父さんは朝ごはんも食べずに会社へ行ってしまいます。(どこかのお父さんみたい・・・原因はお母さんね寝坊ということが違うけど)焼きあがったパンを食べると不思議なことが・・・・。

表紙のイメージとはちょっと違った、絵と写真を組み合わせた、不思議な絵本です。現代の絵本と言った新しいにおいのする絵本でした。ちびくろさんぼのホットケーキと同じく、焼きたてのパンが食べたくなってしまう本です。私個人的には、ママがパンを作るページが好きです。
[PR]
by kayok32 | 2007-03-20 16:05 | 韓国の本

絵本☆パンチョギ

パンチョギ
パンチョギ
文・ソ ジュンエ    絵・ハン ビョンホ  訳 かみや にじ
パンチョギとは、体が半分しかない子の事だった。仏様のお告げで井戸の鯉を3匹煮て食べようとしたが、1匹猫に半分食べられてしまったおばあさんは、仕方なく2匹半の鯉を煮て食べたところ二人の元気な男の子と体が半分の男の子が生まれた。そのパンチョギが金持ちとの賭けに勝って、娘を嫁に貰い最後は幸せに暮らすお話。

日本語訳のあとに、韓国のおもちの話や一眼一足の巨人のお話、そして韓国語版が着いているとてもお得な気分になれる本でした。
金持ちの家から連れ去った娘に、きちんと結婚してくださいとプロポーズするところがきにいってしまったが、私としては試験を受けに行った、意地悪で優秀なお兄さんの行方がとても気になるところです。。。。
[PR]
by kayok32 | 2007-03-20 15:44 | 韓国の本

絵本☆おばけのトッケビ

obakenotokebi韓国の民話に良くあるトッケビのお話です。トッケビとはお化けのことです。このお話は、トッケビに死んだおじいさんと間違えられた貧乏な若者が、おじいさんを生き返らせるためにとってきた娘の魂を、娘に返してやったら、その娘と結婚することが出来て幸せになるお話です。どこの国にもにたようなお話が残っているのですね。
[PR]
by kayok32 | 2007-02-07 14:26 | 韓国の本

2月7日(水)絵本☆あかいきしゃ

ノロは落ち着きました。うるとらまんに移らなければいいな、抱っこしちゃった小さい子たちに移らなければいいなと思いつつ、どこから片付けていいかわからない部屋を片付けて一日が終わりました。ふ~。あんなに苦しかったのに体重は1kgしか減ってませんでした。これじゃ、すぐにもどってしまう・・・・・残念。。。。

akaikisha

先週、図書館から借りてきた絵本です。
「はじめてであうハングルの絵本」と書いてありました。ハングル文字の「ㄱ、ㄴ、ㄷ・・・・」を順番に使ったお話で、日本の「あいうえおの本」といったところでしょうか。綺麗な色の柔らかなタッチの絵に心が癒されます。

 ☆ More
[PR]
by kayok32 | 2007-02-07 14:23 | 韓国の本